あれこれ雑記

MGCマラソン 設楽悠太選手 逃げきれず五輪代表内定逃す!でも勇気に感動!ワクワクをありがとう

投稿日:

こんにちは~
アラフィフ女子maki💁です

 

2019年9月15日に開催された

MGC
(マラソングランドチャンピョンシップ)は

東京オリンピックマラソン代表を決める
熾烈で熱い戦いとなりましたね!

 

それにしても、

設楽悠太くん(27)には

 

度肝をぬかれましたよね^^

 

スタート早々の飛び出し、独走。

 

スタート前の大迫傑選手の修行僧みたいな
厳しい表情や空気感とはうってかわって

設楽くんは、いつもどおり
ひょうひょう(飄々)としていて。

 

周囲に感化されず、自分のペースを貫く
設楽ワールド全開☆

 

結果は14位に
終わってしまったレースでしたけど。

 

設楽くんの思いもよらない逃げ切り戦法は
大いに学ぶところが多いのではないでしょうか。

 

「人と同じことをしなかった」
「発想の転換」
「類いまれなる思い切りの良さ」
「決断力・行動力」
「勇気」

 

設楽くんの逃げ切り戦法は

 

結果だけを見れば、

 

最初から飛び出したりしないほうが
よかった、、ということになりますが

 

スタートして、
イケる!!と思ったから
計画を実行に移したのでしょうね。

 

オリンピック代表を勝ち取ることへの
執着のようなものはあったのだろうか??

 

もし強い執着があれば、手堅く皆で横並びの
ひとかたまりになって走るレースをしたはず。

 

自信があったのかもしれない。
自分への信頼も。

 

執着でもなく、
がむしゃらに勝ち取ろうとするでもなく、

 

ひょうひょうと
我が道を行く設楽くんのマラソン。

 

ステキだなぁ~❤

 

勝負の世界は結果がすべてと言いますが

 

設楽くんの集団から抜け出す勇気と
行動する力は、本当に素晴らしかったと
思います。

 

あの大一番で、あんなに思い切りよく
行動に移せる勇気は、そうそう出るものでは
ありませんよね。

 

設楽くん、自分を信じて挑戦する姿は
最高にカッコよかったですよ!!!

 

どれだけ、沿道やテレビで観戦中の
たくさんの人々をワクワクさせて
くれたことでしょう!!

 

マラソンレースは失敗だったかもしれないけど

 

設楽くん自身の(人生)レースは
失敗どころか、大躍進したと思います。

 

世界を見据えて、飛び出したのだと思う。
横並び・ひとかたまりで小さいレースを
しては世界で戦えないと。。。

 

「後悔していない」と言い切った姿も
すばらしいと思いました。

 

中村匠吾さんと服部勇馬くん、大迫選手の
迫力あるデッドヒートも感動しましたね~

 

大迫選手の必死の走りにも胸を打たれました。

 

歴史に残る名勝負として
語り継がれるレースに
なったのではないでしょうか♪

 

 

 

-あれこれ雑記

Copyright© アラフィフ女子の Happy milkyway , 2019 All Rights Reserved.